マンガとゲームで世界征服!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ネタバレあり】大逆転裁判2クリア感想【3DS】


プレイ時間:20~30時間

かなり長かった。
逆転裁判史上一番時間がかかったかもしれない。
やっとクリアしたので感想。
1も面白かったが、2はもっと面白かったです。



以下ネタバレあり。




○良かったところ
・消化不良ストーリーの解消
1は、多くの謎を残して消化不良でしたが
2ではその全てを解消しています。
非常にスッキリするので、そこら辺は問題ありません。

・ストーリーの良さ
1から続いた話もきちんと終わるし、
何より話が面白かった。
各章の感想は下記で。

・シャーロック・ホームズの要素
結構入っていたんで、ホームズファンには分かるでしょう。
これを気に、ホームズを読むのも良いかもね。

・DLC
早期と初回特典で小話みたいなのがついてくる。
そこそこおもしろい。


●悪いところ
・1の内容を全く覚えていない。
今作は2年前の作品で、当然1からの完全続編です。
だけど、2年前の作品を覚えているわけがない。
薄っすらとこんなことあったなぁと思い出しながらやっていました。

・アソウギの蘇生
これ賛否両論ありそうだけど、まぁいっか。
個人的には、バンジークスさんが好きなんで最後出てきてほしかった。

・ワトソンとグレグソンの立場
今作だとワトソンとグレグソンが悪者にされていて少しかわいそう。
ミコトバさんがワトソン役になっているのは驚いたけどね。
グレグソンはまだましだったけど、死ぬとは驚いた。
刑事が犯人のパターンは5でもあったけど、死ぬのは無かったね。
あと裁判長が犯人ってパターンも初か。



☆総評
各章の感想を。
1章は、スサトさんが法廷に立つということで、
またアウチと戦うお約束的な序章。
とはいえ1からの続きで実質6章みたいなもんなので、
どうなるかと思ったらまさかの被害者があのアンサッシャーとは。
1の1章の犯人を2の1章で殺すという驚き。

2章は、これも前作中の話でいわゆる過去話。
夏目漱石が良キャラなので結構面白かったですね。
事件的には、割りと普通か。
ガリデブが何か噛んでるかと思ったけどまったくそんなことは無かった。
というかあの首輪がバスカビル首輪だとあの次点で気づけ無いよなぁw

3章は、事件としては一番面白かった。
一体これは何が起こったんだ感が出ていて、
その真相がどんどん明らかになっていく様が逆裁やっている感あった。
逆裁の良いところは、1本道なんだけど
まるで自分で考えて進んでいる感じがよく出ているのが面白いね。
まぁ面白いアドベンチャーゲームっていうのは大体そう感じさせるのがうまいのですが。

ただ、監察医が犯人になっちゃうともうなんでもありで、
普通にやったらまず解けないし、
そもそもトリック的には、ただの偽装なのでどうかと思うけどね。
まぁミステリーとして見れば反則なんですけど、
裁判として見ればそれが出来るのである意味逆裁専用トリックか。
あとコートニー・シスがなぜあんなにヴォルテックスに忠誠があるのか分からん。

4章は、まずグレグソン死んで驚いた。
大体こういう刑事役は死なないのに、レストレイドいたからかなぁ。
実際のホームズだとこの二人ってそこまで関係ないんだけどね。

ただこの事件自体は、ホームズの原作知っていると大体分かる。
まず唇のねじれた男ってタイトルの次点で、
夫が帰ってこない=そいつがねじれた男って分かるし、
最初ミテルモンが犯人かと思ったけどね。

だけど、その後の流れでミテルモンはただの協力者って
ことが分かった次点で、ジゴクが犯人だってのも
逆裁やっている人ならわかったと思う。
あの時点で取った写真が証拠として持っている事がおかしいし、
写真の不審点がジゴクのトランクくらいしかないしね。
というかヴォルテックスが糸引いているのもわかったと思う。
偉そうなボスっぽいのは大体ラスボスってのが逆裁あるあるだからね。
あと、この章から陪審員消えたけど、
やっぱりこのシステムいらんかったんじゃ…。

5章は、4章のそのまま続きなんだけど、
いかにもなヴォルテックスさんを追い詰めるのは面白かったね。
あと、敵が裁判長になるってのは初。
検事、弁護士、被告人VS裁判長ってのも面白い構図だ。
あと意外とヴァルテックスさんはそこまで横暴じゃなかったという。
不思議に思ったのは、10年前のゲンシンの遺留品をちゃんと
アソウギの元に返したのはなぜだろう。
あれ全部隠滅しちゃえば、遺書は出てこなかったのに。
証拠捏造できるヴォルテックスの力があれば、
遺留品の処分くらいできそうなもんだけどね。
そこら辺は意外と公平にやっているヴォルテックスさんという。


ということで、長々と書きましたが
やはり巧Pの作品は面白い!
シャーロック・ホームズ要素も多く、ファンにも楽しめる作りで、
100年以上前のロンドンという舞台でも
しっかりと逆転裁判しているので6より楽しめました。
ストーリーも消化不良がことごとく解消されスッキリ満足。
3が出るかどうかは分かりませんが、
また巧Pの次回作に大いに期待です!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

しげまる

Author:しげまる
全てのマンガ&ゲーム制覇へ。

当ブログの主な内容は
TVゲームレビュー、
ボードゲームレビュー、
漫画レビュー、
と何かしらのレビューと
その他雑記等で構成されています。

Twitter
アクセスカウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。