マンガとゲームで世界征服!

任天堂switchを買う

発売当初から気になっていたswitch。
流石にE3まで待とうかと思ったけど、
特にやるゲーム無いので調べてみたら、
どこも売り切れ続出・・・。

こうなると欲しくなってくるのが人間の性。
公式ホームページだと21日金曜日に予約開始とあったので、
そのタイミングでいろんなサイトを見てみてることに。

そしたらアマゾンにありました。
さすが密林。
しかも、トップ表示にはなぜか無くて、
新品出店一覧に出ていました。謎。
まぁとにかくそんなこんなで任天堂switch買いました。

レビューはまたそのうち。
スポンサーサイト

最近読んだ小説レビューなるもの

最近というか今年に入ってから
通勤時間に小説を読むようにしています。
ミステリーが多いけど、ジャンルはバラバラ。

まぁ通勤時間なんて30分くらいなんで、
たいして読めないのですが、
最近ソシャゲーにも飽きてきたし、
iPodは調子悪いしでやることないので小説にしました。

ということで簡単にレビュー。
なるべくネタバレしないようにしますが
少し内容に触れるんで注意。






①硝子のハンマー 貴志祐介


この小説をなんとなく読んではまったのが、
最近のマイ小説ブームのきっかけ。
ドラマ鍵のかかった部屋の原作であり、
何より探偵役が泥棒ってのが面白い。
ワトソン役の青砥だっけか、
意外と頭良くて良いキャラしてる。
トリックが二転三転して謎説かれるのが面白いですね。
今のところ全三冊出てますが、
1巻目である硝子のハンマーがおすすめ。



②シャーロック・ホームズ コナン・ドイル 訳:駒月雅子

最近出てるホームズシリーズ。
原点にして頂点という訳で読んでみたけど、
やっぱり面白いわね。
まずホームズの天才ぶりがすごい伝わってくるのがすごい。
まさにかっこいい探偵って感じ。
あと意外と短編が面白いね。
長編は犯人の過去回想がすげー長くて、あれ嫌い。
おすすめは、鉄板の赤毛連盟が好き。
あとはまだらの紐も良かったかな。



③殺戮に至る病 我孫子武丸

叙述トリックの鉄板中の鉄板らしいので読んでみた。
犯行が鮮明に描かれていてものすごくグロい。
これも何かトリックがあるのかと思ったら別にただグロいだけだったので、
嫌ならある程度飛ばしても良いかも。
ただ肝心の叙述トリックはビビった。
しかも叙述トリックって大体腑に落ちない騙され方して
気に食わないの多いけど、これはちょっと驚いたね。
推理力ある人なら気づけそうだけど
こういうのは騙されたほうが面白いと思えるからねぇ。



④ある閉ざされた雪の山荘で 東野圭吾

普通にシンプルで面白かった。
とても読みやすいし、おすすめ。
別に全然クローズドサークルでもなんでも無いのに、
心理的に閉じ込められる雪山?で繰り広げられる事件ってのも良いね。
同作者の似たような作品で
仮面山荘殺人事件というのがあるんだけど、
それよりこっちのが好き。



⑤探偵ガリレオ 東野圭吾

これもドラマで有名なんで読んでみたら
結構湯川先生が別キャラで面白い。
小説版のがかなりフランク。
事件も短編になっているので読みやすい。



⑥夜は短し歩けよ乙女 森見登美彦

最近読んだ小説だと一番面白かった。
推理小説で人が死にまくってるのを読んでると
なんだか萎えるので、気晴らしに読んだら面白かった。
映画は監督で見ろという言葉あるけど、
小説も著者で読めってな具合に森見ファンになりました。
最近アニメ映画も始まったようで、こちらも楽しみ。
内容は、京都舞台にした恋愛ファンタジーというかファンタジー恋愛というか、
とにかくワールド色が強い。
意味は分からんが
ただなんとなく頭に絵が浮かぶのが面白い。



⑦氷菓 米澤 穂信

いわゆる古典部シリーズで同名のアニメが有名ですね。
小説ってよりラノベに近いので、
非常に読みやすくページも少ないので一瞬で読める。
ミステリーでも珍しい日常系というジャンルなんどえ
誰かが死んだりとかせずとても平和。
心も休まる。多分。



⑧有頂天家族 森見登美彦

やっぱり面白い森見ワールド。
有頂天家族は現在2巻まで出ており、アニメ化もしています。
内容は京都を舞台に化ける狸達の波乱万丈物語。
世界が良く、キャラが良く、展開も面白いので
どんどん読んでしまいますね。
弁天というヒロインがどうもじゃじゃ馬で
個人的には別にどうでもいいんですが、
行動だけ見ると人気が出なそうというか悪女な感じなんで、
今後どうするのか気になる。
全3部作らしいので第3巻にも期待。



⑨四畳半神話大系 森見登美彦

アニメが面白かったので、原作も気にはなっていましたがやっぱり面白い。
アニメと違うのは、小説版では各章ごとで
ちゃんとハッピーエンドになっていますね。
内容は京都舞台にした恋愛物語というかなんというか。
夜は短しよりファンタジー色は薄いかもしれない。
ただこっちはループというか平行世界というかそういう感じ。
とにかく面白い。



まとめ
結局森見にはまったという説。
ミステリーも色々買ったので
随時読んでいって他にも面白いのあったらまた書きます。

ゲームランキング

唐突に暇だから(ネタが無いから)

現在の
しげまる的人生における最強ゲーム10作(シリーズ)を発表。


1.ギルティギア
自分は格ゲーが好きかと思っていたら
実はギルティが好きなだけで他の格ゲーはほとんどやらずに
ギルティばかりやっていた。
ちなみに使いたいのはエディだけど、むずいのでソル使ってる。
青リロではロボカイも使ってた。
新作でもロボ来て欲しい


2.ドラゴンクエスト
そら入るわなってくらい国民的RPG。
有名すぎてランキングに別に入れなくても良いくらいレジェンド。
始めてやったのはSFCの3かな。
一番好きなのは6。
順位つけるなら
6>3≧7>5>4>8>2>1>9
10はやってないので知らない。
見て分かる通り転職がすこ。
11も楽しみだわ。


3.ファイナルファンタジー
こっちも一応入れておく。
初めてやったのは5かもしれないけど、
記憶にない。
ガチでちゃんとやったのは9かな。
でも積んで、10も借りたけど積んで、
まともにクリアし始めたのは
高校生くらいになってからの7。
意外とリアルテイムでまともにやったことがない。
順位は誤差でつけられないかな。
SFCなら5、PSなら789は同じ評価で
10はリマスターやったら普通だったなぁ。
やっぱ5と789が良いね。
5は今やっても面白い。
逆に4と6はきついな。6は中身良いんだけど成長要素めんどい。

11もいろいろな意味でめっちゃはまった。
丁度ジラートが出た頃に始めてアトルガン出た頃に辞めた。
14ちゃんもやってたけど、どこだっけなぁ。
名前忘れたけどバハの次のレイド出てすぐ辞めた。


4.実況パワフルプロ野球
初めてやったのは4かな。
一番はまったのは6。
6は当時、世界一サクセスうまかった小学生だったわ。
パワポケ、パワポタも入れたらどれもめちゃくちゃ遊んだ。
頑張ればオールA出来る程度のサクセス難易度くらいが楽しい。
ちなサクセス以外やらん模様。
パワポケをここに入れるのはちょっと卑怯だけど、
あのサクセスまじで神ってるからねぇ。


5.逆転裁判
なにげに全シリーズ遊んでいる。
未だに1~3の呪縛に悩まされるくらい
最初の3作が最強だけど、
大逆転裁判は意外と頑張ってると思うよ。
コミカルなミステリーなので
とっつきやすいのが良いね。
でも逆裁は3の呪縛をなかなか抜けれないね。
これが最高傑作すぎた。
アニメ化したら面白そう^^とかほざいてたけど
蓋を開けたらあれだったね…。


6.ペルソナ
プレイしたのは3~5ね。
1、2をやっていないにわかという。
というかアトラスのゲームってこの3作したやったことないわ。
メガテン3やってたら敵先攻で瞬殺されて辞めた。

ペルソナは現代に置ける神ゲーの定義と言っていい。
3~5もどれも神ってる。
どれが良いかはほぼ好みの問題。
でもビジュアル面もシステム的には段々進化していて
5もめちゃくちゃ良かったね。
あとアニメと相性がいい。

個人的にはやっぱ4が一番好きかなぁ。
3と5は同じくらいだわ。
ただキャラは3が一番好きかな。
RPGとしては5が圧倒的に面白い。
4は仲間の雰囲気が良かったね。


7.Kanon
ギャルゲー枠はまぁカノンでしょうね。
これ以外だと大悪司が次点かな。
思春期ど真ん中の純度100%純真無垢な人間に
このゲームやらせたらそらやられるわ。
あまりにすごい衝撃に今では神格化している。
京アニの2006アニメは未だに見れてないわ。
多分見たら死ぬから。
ちなみに真派ね。


8.メタルマックス
ミリオン売れていいと思うRPG.
どこを拾っても面白いところしかない。
仲間と機械のバリエーションも多いし、
基本シナリオもフリーなのでどこ行ってもいいしね。
新作出て欲しい。


9.モンハン
一番ハマったのはMHP3rdかな。
おそらくこの頃がモンハンピークだった。
3週間で100時間くらいプレイしたしね。
友達と一緒にやるのすごい面白かったわ。
武器はずっとハンマー使ってた。


10.CODシリーズ
FPSはなんだかんだCODかな。
初めてやったのはゴールデンアイだし、
PCではアンリアルトーナメントなんだけどね。
一番はまったのはCOD:MW3かな。
このブログでも書いたことあるけどね。
初期はアキンボがとにかく強くて
これ使ってれば活躍できるという鬼だった。
あとデモリが面白かったなぁ。
以後これ以上はまれたCODは結局無かったな。



とりあえず10選。
ここに割って入るゲームが現れることを期待して!

【VITA版】ダンガンロンパV3【感想】


プレイ時間:37時間。

待望のダンガンロンパ第三弾。
久々ってことで期待していました。
VITA版を買ったのですが、
寝ながらできるのは良いんだけど、
PS4ある人はPS4版のが良いかも。


以下ネタバレだらけなので注意。






○良かったところ
やばい。あんまり思いつかない。

・色々なモードが有る。
本編以外にも高感度上げるだけのモードや
サイコロやってダンジョン潜ったりと
色々出来ます。

・豪華声優
声優がめっちゃ豪華です。



●悪いところ
・VITA版は微妙にロードがある。
エリチェン等でいちいちロード入るのめんどい。
PS4版は不明だけど多分VITAよりはマシかと。

・全体的なストーリーと各章のミステリーについて
ちょっと全体的に微妙だったかなぁ。
まず謎が弱かったし、メインストーリーもなんじゃこりゃって感じ。
ミステリーの良いところって
謎的な展開にワクワクするところが好きなんだけど、
あんまりワクワクしなかった。


☆総評
良いところも悪いところもちょっと書き出しにくいので、
章ごとに感想を書いてみる。

1章 図書館のやつ
いわゆるデスゲームもので、
予告PVの段階で女主人公であることが名言されていました。
これは女主人公が死んで男キャラにバトンタッチかなぁなんて
考えていたら本当にそうなった。
超高校級の探偵でCV林原めぐみの時点で気づくべきだったか。

肝心の謎は、流石にあんな砲丸あたるわけないだろって
思ってたらやっぱり当たってなかったぜ!な話だった。
そもそもこれでよく殺そうと思ったな。


2章 マジックショーのやつ
なんか盛大なトリックがあるかと思ったら割りと普通だった。
ってかこのトリックも結構無茶じゃない?
あとピラニアもガラス板も死体も上から落ちてきたら、
あんだけいたら気がつくだろw
総理大臣云々はまぁどうでもいい。


3章 二人死ぬやつ
これはちょっと驚いた。序章としては最高だった。
事件の調査中に次の事件って無かったしね。
ちょっと驚いたけど、テンコ死んだのは悲しかったね。
フラグ立ってたけど。
でもいかんせんトリックがこれも微妙かなぁ。
カゴの鎌をどうやってバレないように
固定したのか分からんが、まだこっちはマシ。
問題はアンジーの密室だけど、人形くるくるは草。
あと蘇生使わないのもったいないよね。


4章 ゲームのやつ
ゴン太良キャラだったからこの事件はちょっと悲しい。
もっと話に捻りがあるかと思ったけどそんなことは無く
普通の事件だった。


5章 プレスのやつ
百田君死にそうだったけど本当に死んじゃうとは。
あとヒロインみたいな匂いもあったハルマキのまさかの告白。
やっぱりヒロインは赤松だったんだね。
ってのが分かる章。
というか今作もヒロインが死ぬんかい。

トリックは一見よくわからなかったが、
自殺に近い殺人だから2の最後に似てるね。


最終章
いや、このオチはあかんでしょ。
これスターオーシャン3の実はゲームだったんだオチと似てる。
あれにも驚いたけど、
こっちもこっちで全部設定でしたとかいうメタ感丸出しで
過去キャラもアホみたいに出て話すし、もう何が何だか。
最後は何が嘘で分からないと濁してはいたけど。

1と2とで大体のことやってしまったので、
色々考えて一周回ってこんな感じになったのかもしれない。
プレイヤーの裏をかこうとしまくった結果、
なんだかよくわからない話になってしまった。

全部が嘘で全部が設定で、それも嘘かもしれないとか
プレイヤーに言われても知らんがなって話。
製作者は何を考えてこのオチにしたのかだけは少し気になる。

個人的には、
もう1も2もまったく関係ない話にしてほしかった。
丁度リセットには良いタイミングだし、
またここから新章ってことでイチから始めて欲しかった。


総合的に、
微妙な作品だった。
自分で謎を解いている感じというか、
アドベンチャーの主人公している感があまりなく、
なんだかよくわからない話を見せられている感が強かった印象。

ただ唯一褒めるなら、
最後のエンディング後はちょっと良かった。
最原、ハルマキは分かるけど、
なぜか夢野が生きてるってのも面白い。
多分殺す理由が無かったのかもね。
赤松を失った最原と
テンコを失った夢野と
百田を失ったハルマキとで
みんな大切な人が死んで生きたいと強く思った人だけが
生き残ったみたいな感じかなぁ。

ダンガンロンパを終わらせてやるってのは、
もう続編を出さないよっていうメッセージなのかなぁと思ったけどどうだろうか。

あたらすぃぴーしー

前々から調子がすこぶる悪かった
PC弐号機にブチギレ金剛したので、
新しいPC四号機を買うことに。

にしてもこのパソコンはようもった。
丁度8年くらい使ったので、
もとは十分に取れたでしょう。

BTOは色々迷ったけど、
めんどいから適当にパーツ選んでサイコムで買いました。
昔は、色々吟味したんだけど、
まぁそれなりの性能なら大丈夫だろうと適当になってしまった。
とりあえず、ケースとグラボだけは見といた。
あとBD見れるようにしたいのと、デュアルモニター、
SSDは500Gくらいは欲しく、
静音設計にしたいと思って選んだら17万くらいしてしまった(´・ω・`)
出費がきつい。

折角買ったので、
なんかPCゲーやりたいなぁとも思うけどね。
最近スチームすら全然見てなかったので色々物色中。
プロフィール

しげまる

Author:しげまる
全てのマンガ&ゲーム制覇へ。

当ブログの主な内容は
TVゲームレビュー、
ボードゲームレビュー、
漫画レビュー、
と何かしらのレビューと
その他雑記等で構成されています。

Twitter
アクセスカウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる